企業不動産管理システムCREMASY

自社で保有する不動産の情報をシステム上で一元管理する「企業不動産管理システム CREMASY(クレマシー)」のご紹介です。

サービスの特徴

CREMASYは、企業不動産の情報を一元管理するシステムです。
CRE戦略を始める準備段階として必要な、自社で保有する企業不動産情報をまとめて管理・参照ができます。登録した不動産情報には、PDFなどの電子データを紐づけて管理することができるため、情報の管理と共に関連資料を探しやすいシステムになっています。

CREMASYの主な機能

企業不動産を一元管理するための機能を備えています。

企業不動産管理機能

自社で管理する企業不動産に関する詳細な情報を一元管理する機能です。
電子書庫機能と合わせて、登録している企業不動産情報にPDFなどの関連資料を紐づけて一括管理することも可能です。

マップ表示機能

電子地図を用いて、システムに登録している不動産の位置を表示する機能です。
登録しているそれぞれの企業不動産の位置関係や周辺地域を俯瞰して把握することができます。

検索機能

システム内に登録している企業不動産情報を都道府県や用途別、管理部門別などの特定の条件で絞り込んで一覧表示する機能です。
マップ表示時に表示した情報も同様に絞り込んだもののみ表示することも可能です。

その他機能

機能 機能概要
電子書庫機能 企業不動産に関連する資料をPDFとして紐づけて一括管理する機能
CSV入出力機能 専用フォーマットのCSVによる不動産情報のエクスポート/インポート機能
ワークフロー機能 企業不動産をシステム上に公開する際に、担当者から公開/削除申請、その上長や経営者の承認/差し戻しができる機能
利用ユーザ―管理機能 利用ユーザーを追加・削除・変更する機能
ユーザー権限設定機能 最大5つの権限レベルをユーザーに付与し、使える機能を制限する機能
項目(登録/閲覧)制限機能 ユーザーの権限レベルごとに登録情報や閲覧情報を制限する機能
閲覧制限機能 企業不動産情報の全部もしくは一部の項目をユーザーごとに表示/非表示を制限する機能
所管組織管理機能 不動産およびユーザーの所属する組織を管理する機能
地域別集計機能 登録されている不動産情報の件数を八地方区分別に集計・表示する機能
県別件数集計機能 登録されている不動産情報の件数を47都道府県+海外の48拠点別に集計・表示する機能

導入までの流れ

生産管理ソリューションFUSEに関するお問い合わせから本番稼働までの流れをご説明します。

1.導入環境を準備

CREMASYを導入する環境はお客さまにてご準備いただきます。
※どのようなものをご準備いただくか不安な場合はご相談ください。

2.CREMASYを環境にインストール

ご購入いただいたCREMASYを弊社にて導入いたします。
※お客さま社内の環境の場合、お客さま自身にてインストールしていただく場合もございます。

3.企業不動産データを登録

CREMASYをインストールしたら、企業不動産情報をシステム内に登録していきます。

4.運用開始

企業不動産情報が登録できたら運用開始です。

※上記は標準機能でご利用いただく場合の流れになります。
カスタマイズが必要な場合は、ご要件を確認した上で、カスタマイズしたものをインストールしていきます。

よくある質問

判断材料として実際のシステムを使って見てみたい
体験版の用意があります。
実際にお使いいただいて、使い勝手や足りない項目/機能の有無をご確認いただく上でも体験版のご利用をおすすめしております。
社外に出したい情報ではないので、自社のサーバーを使いたい
WordPress 上で動作するシステムとなっておりますので、貴社サーバー上で WordPress が動作すれば問題なく運用いただけます。

お問い合わせ

    CREMASYに関するお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

    以下のフォームより必須項目(必須)をご入力いただき、送信してください。

    2営業日以内にお答えさせていただきます。

    営業時間 9:00~17:30(土日・祝日を除く)

    個人情報保護ポリシーを確認する